技術:トレーサビリティー

検査体制について

徹底したトレーサビリティーについて

検査室写真

多くの部品の元となる材料を扱うヤマウチマテックスでは、品質管理を企業の存続に関わる重要な事項のひとつとして位置づけています。製品の設計、原料から製造、流通にいたるまで、厳しい品質管理体制を確立し、製品の安全性確保に努めています。

生産管理フロー概要

当社では、ロット材の受け入れ段階で、受け入れ検査等を当社の品質管理部で行っています。製品は、当社の品質管理基準を満たした工場で製造しています。日頃より製造工場と情報を共有するとともに、工場担当者との品質管理会議を定期的に行うことで、さらなる安全・安心な製品づくりを目指しています。
また、万が一製品に問題が生じたときでも、製品の生産履歴をたどり原因の解明につながるなど、事故の再発防止が可能となるトレーサビリティを確保しています。

トレーサビリティーについて

ヤマウチマテックスのトレーサビリティシステムは、原料購入から製品出荷までのプロセスにおいて、安心・安全な製品づくりを支援する仕組みと仕掛けを提供するシステムです。

トレーサビリティーについて

トレーサビリティとは
原料から販売までの各段階で、仕入先、販売先、生産、製造方法などの記録をとって保管・管理し、製品の生産履歴について追跡・調査することができるシステムです。万一、製品に問題が生じた場合、製品の生産履歴をたどり原因を解明することにつながるなど、事故の再発を防止することが可能になります。

▲ ページTOP