技術:丸線・丸棒・細線

丸線・丸棒・細線加工について

独自のチタン伸線加工技術

丸線・丸棒・細線加工について 丸線・丸棒・細線加工について

引き抜き & 伸線加工について

穴のあいたダイスなどの金型に素材を通し、決められた寸法に引き落とすことを引き抜きといいます。 通常は冷間加工行われ、数回から数10回程度の引き抜き加工を繰り返すことによって製品が製造されています。

引き抜き & 伸線加工について 引き抜き & 伸線加工について
用途 眼鏡用資材、ネジ、インプラントなど

線材の表面肌について

表面肌は各種検査によりチェックを常に行っております。
表面処理として白・黒・陽極・研磨肌がオーダーできます。

◀ 陽極酸化

▲ 表面肌拡大写真

また、商品に付属しているラベルについても色を材質ごとに変えることで、それぞれ認識しやすくしております。

幅広く細やかな丸線コイル材の線径ラインナップ

ヤマウチマテックスでは、様々なお客様のご要望に応えるべく様々な丸線コイル材の線径ラインナップを揃えております。
特にチタンについては直径2.6〜3.6については0.1mm刻みで在庫しております。 その他の材料・線径についても細やかなラインを揃えておりますので、お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら…

センタレス加工

センタレス加工
適してる分野・使用事例 医療分野、シャフト類、パイプの研削、溶接棒、切削部

弊社のセンタレス加工のメリット

メリット 1 表面がきれい
メリット 2 優れた直線度、直円度を持った
高精度な加工が可能
メリット 3 小ロットに対応しやすい
1本からでも可
メリット 4 豊富なラインナップ

チタン、チタン64合金、NiTi、SUS04

取扱線径実績:直径0.3〜直径20

Ti 直径2.1〜直径3.8までは0.1ずつ在庫をしております。

メリット 5 レーザーマーキングも可能

当社はレーザーマーキングにより、センタレス材に文字の刻印を行うことができます。 1本ごとに鋼種・線径・ロット番号を付与することにより、他材料との混在による間違いのリスクを低減する事ができます。

表面肌拡大

表面肌拡大

豊富なラインナップ(在庫)

豊富なラインナップ(在庫)

表面肌拡大

レーザーマーキング

線径一覧…

一言メモ:センタレスとは

センタレス加工とは、円筒工作物を、固定された支持刃と回転する調整車及び研削砥石の間で支持し、工作物外周を研削する方法です。
一般的に量産性、研削精度が良いとされています。

センタレスとは センタレスとは

▲ ページTOP